もうすぐ解禁!

山女魚やアマゴを対象とした釣り、いわゆる渓流釣りが私の趣味の一つです。私の釣行先は、登山を伴うような山岳渓流ではなく、中流域、いわゆる田んぼや民家がごく普通にある、車で川原まで降りられるようないわゆる里川で、長野県釜無川や山梨県塩川・須玉川・桂川、群馬県利根川などの中流域です。

しかし今はお休み中です。10月から2月末まで関東圏の多くの河川では、渓魚の産卵期間を漁業協同組合が禁漁としているからです。岐阜県や長野県の一部河川には2月1日や2月16日を解禁日としていますが、関東圏の多くは3月1日が解禁日です。

あと1ヶ月もすれば3月1日で、待ちに待った渓流釣りの開幕です。日々、朝から夜遅くまで築地本社B3Fで机に向かって…をしていますが、自然の中で川を流れる水の音や鳥の泣き声、木々のざわめきなどを聞きながら、清流に立ち込み釣糸を垂れていると、そんなことはスッパリ忘れられる時を過ごせます。美しい渓流魚に合えればもうサイコーです。

技術センターにいると、なかなか釣りに行く時間が作り出せず、DVDや雑誌などで気を紛らわせていますが、今シーズンこそは川で至福の時間を過ごせるよう頑張ってみようと思っています。

このブログを書いていてウズウズしてきた。30㎝を超えるいわゆる尺アマゴが釣れることを夢見て、早く家に帰って仕掛け作りに励も~っと。

カテゴリー: 印刷技術情報 パーマリンク