新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

新聞印刷拠点・船橋工場

船橋工場長 植田 洋一

船橋工場長 植田 洋一隆

パノラマ印刷が可能な輪転機を配備しています

船橋工場は、JR船橋駅から南に徒歩25分、東京湾を望む京葉工業地域の一角(千葉県船橋市日の出2丁目)にあり、千葉県内と東京23区東部地域を配送エリアとする印刷工場です。敷地を囲む植栽の種類も豊富で、5月中旬にはさつきの花が咲き誇ります。2014年からは「はるかのひまわり絆プロジェクト」でも知られるひまわりもその一員に加わりました。当工場は近隣の住宅自治会との間で「災害時相互援助に関する覚書」を結んでいます。東日本大震災では工場周辺が液状化の被害にあい、余震を心配された住民の皆さんに一時避難所として施設を提供しました。

2011年には輪転機をはじめとする生産設備を更新しました。新しい輪転機は、消費電力量が少ないことや、版材の長さが短いことなどから、省資源やCO2の排出量の削減など、いっそう環境にやさしい工場へと生まれ変わりました。

現在、当工場では朝日新聞の他、読売新聞、朝日旅行、進学情報、エリート情報、朝日まつど新聞などを印刷していますが、ブランケット判2頁~40頁、タブロイド判4頁~32頁の印刷だけでなく、連続4頁の見開き紙面が印刷できるパノラマ印刷にも対応しています。印刷のご用命やご相談は、朝日プリンテック・営業部(03-6278-5686)までお問合せ下さい。

通常の工場見学のほか、中高生を対象にした体験学習等もお受けすることができます。見学時には、最新鋭輪転機で新聞を印刷する様子を間近にご覧いただけます。

このページの先頭へ

船橋工場へのアクセスはこちら

お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ